医療訴訟の相談前に

医療過誤による訴訟では、本人訴訟と呼ばれる弁護士に頼らず訴訟を起こす手段もありますが、おすすめはしません。
医療過誤訴訟では専門的かつ高度な知識が必要であり、病院や裁判所の対応や手続きなど、するべきことも膨大にあり、手間も時間もかかります。
しかし、にも関わらず医療過誤訴訟では患者側(原告側)の勝訴率は極めて低く、本人訴訟ともなるとまず勝てないとされていることから、弁護士に相談したり依頼したりする場合のほうが圧倒的に多くなっているのです。

さて、実際に弁護士に相談や依頼をする場合ですが、事前準備としてやっておいたほうがよいことがあります。
なるべく医療事故による被害に遭う前の段階から、病院にいく前の体の状態、病院にいった日時、受けた治療、検査、説明、病状が悪化したタイミングや悪化の度合い、医療事故が起こったタイミングや病院側の説明など、こと細かな記録をつけ、説明は録音しておくのです。
弁護士事務所などによっては、事前にこうした情報がまとめられた記録を作成した上で相談をするよう求めているところが少なくありませんし、ホームページで相談時に必要な項目を表示してくれていたり、ダウンロードして書き込めるテンプレートを用意してくれているところもありますので、それにならって記録を付けるのもいいでしょう。

ここではもっとも基本的な記録を残しておくことを説明しましたが、当サイトではほかにも弁護士に相談や依頼をするにあたり役立つ情報を提供させていただきます。
いま現在、医療訴訟を検討している人だけでなく、今後被害に遭ったときの予備知識にしたいという人も、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

Copyright © 2014 医療訴訟、その前に…必要な準備とは All Rights Reserved.